2008年03月13日

天才にして奇人 上田現は本日、天に昇る

この前の記事でお伝えしたが、元レピッシュの上田現さんが3月9日に亡くなられた。そのとき引用したミュージック・タブロイド河原田社長の言葉に「来たる3月13日午前11時より、千日谷会堂(JR信濃町駅 徒歩1分)に於いて仏式により告別式が執り行われます。本人の希望でもありますので、少しでも多くの方々にお見送りをしていただけたら幸いに存じます」とあった。

今日がその13日。

東京では、関係者以外に、駆けつけることの出来たファンも、上田さんを見送っていることだろう。なにぶん、おじさんは中国にいるし、いつも貧乏でピーピー言っているので、行きたくても行けない。なるべくたくさんの人に見送られて、上田さんが心おきなく天に昇っていくことを願うのみだ。

ちょっと感傷的になったおじさんが出来ることは少ないが、上田さんが作った曲を聴いて「何かを受け止める」ことぐらいは出来る。

上田さんが死去したニュース記事には、「『ワダツミの木』の作家」という紹介の仕方が多いが、考えて見れば『千の夜と千の昼』だって上田現の手になるものだ。

どっちも優れている良い曲だが、本日天に昇っていく上田さんの魂を想うと、『千の夜と千の昼』の内容が、なんだか相応しいような気がする。なので、YouTubeの動画を貼り付けてみる。



上田さん、素晴らしい曲をありがとう。
そしてさようなら。

posted by ビワおじさん at 12:46| 大連 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月12日

映画「赤壁 Red Cliff」の中村獅童は猛将「甘寧」

このブログの「赤壁」の記事にコメントを頂いた。実はおじさん、大学時代は中国古代史を専攻していたので、中国の歴史映画に関する話題には、ひそかに燃え上がっている。
コメントを下さった二十八轟様、ありがとうございます。

二十八轟様のコメントには、以下のようにあります。
----------------------------------------
中村獅童さんが演じている「甘興」は恐らく甘寧のことで良いと思います。
甘寧のあざ名は「興覇」なので、当時は姓とあざ名で呼ぶ事があるようです。
≪Ex≫
趙雲⇒趙子竜
関羽⇒関雲長
諸葛亮⇒諸葛孔明など

本来なれば甘寧も「甘興覇」となるのでしょうが、
多分何かの理由で「甘興」となっているものではないでしょうか?
----------------------------------------

そうなんです。

歴史的に中国の名前には、姓名の他に字(あざな)があります。普通、誰かの姓名をそのまま呼びつけてもいいのは父母か君主だけだったので、普段は誰が呼んでもいい名前として「字」を使っていたとのこと。(確か、陳舜臣さんの本で読んだ記憶が・・・)

余談ですが、この字の習慣、現代中国にも残っています。私的体験ですが、こちらで子供が生まれたときには病院に泊まり込みでした。そのときに知り合って何度も喋っていた新米親父仲間が「子供には字もつけた」と発言していたのです。
彼曰く、「当然、子供には姓名があるが、中国には字をつかう習慣があるので、俺は導入した。ちなみに『字』は、その人の『名』が持つ本質的な意味と同じでないといけない」と、これまた本で読んだ知識と同じ事を言っていたので、嬉しくなってしまいましたよ。

さて、話題を戻して。

甘寧(姓+名)→甘興覇(姓+字)→甘興(一時抜けた)

これが、中国人の「常識」であれば、おじさんは悩まなくて済むのです。
中国人である妻に訊いてみても、「甘寧?そんな人がいたっけね。でもやっぱ、三国志で一番聡明なのは諸葛亮でしょ。日本人ハーフの金城武が演じるのよね?」と、そっちにしか興味がありません。

仕方なく、ネットで探してみたら、こんな記事がありました。

----------------------------------------
新浪網の娯楽情報より
http://ent.sina.com.cn/m/c/2007-08-08/12121668209.shtml

之前有媒体報道説日本影星中村獅童可能加盟《赤壁》,扮演東呉猛将甘寧。
----------------------------------------

中国語を日本の漢字に置き換えながら引用するのは疲れるので、もう肝心の部分だけ、適当なビワ訳で届けます。

「以前にメディアが報道していた日本の映画スター中村獅童が「赤壁」に参加できる事になった。演じるのは東呉の猛将甘寧」

さっくり、中村獅童が演じるのが「甘寧」であると書いています。

まあこれで、映画の予告編にあった「甘興」=みんなが知っている「甘寧」という事だけは分かりました。でも、おじさんの疑問は、「甘興覇」をなぜ略すのか?これが解けません。

ネットで探してみても、難航しています。

本日、中国のネット掲示板で見つけたやり取りにも、以下のようなものがありました。

「日本の俳優が呉の将軍甘興を演じるが、何で外国人が出るんだ?」
「そりゃ、中国一国だけでは、これだけ予算をかけた映画の利益が回収できないからじゃん」
「日本人のお金も稼ぎたいという制作陣の思惑だよ」
「それより疑問なんだけど、『甘興』って誰よ?」
「甘寧だろ。彼の字は『興覇』だよ」

と、ここでも「甘興って?」→「字が興覇の甘寧」と疑問と結論が登場しているのです。このやり取り、実は「甘興」の正体を知るより、中国人の意識が全然統一されていないという実態を垣間見る意味でも面白かったのですが、さっき見てみたらなくなっています。残念。

ともあれ、コメントを下さった二十八轟様、中国ネット掲示板での発言と、日中共に「甘興=甘寧」で一致しており、新浪網という中国最大手のポータルサイトのニュースでは「中村獅童が演じるのは甘寧」と、すでに正式な解答も出ています。

が、ここでおじさんの興味は、もう別の所に移ってしまった。

なんで中国では「甘興」って省略するの〜?

posted by ビワおじさん at 22:45| 大連 🌁| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

話題作りに勤しむ 映画「赤壁 Red Cliff」

ジョン・ウー監督の三国志映画「赤壁 Red Cliff」が、カンヌ映画祭にてお披露目されるそうだ。

以下、Yahoo!ニュースの記事より
----------------------------------------
100億円超大作『レッドクリフ』カンヌでお披露目
トニーが金城が、クロサワに捧ぐ一大スペクタクル

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080312-00000002-vari-ent

 ジョン・ウー監督のアクション大作『レッドクリフ』の映像が、5月14日に開幕するカンヌ映画祭でお披露目されることが、11日までに分かった。製作費100億円を投じ、前後編の2部作でつづられる一大叙事詩が、世界最大の映画の祭典でベールを脱ぐ。

(中略)

 日本でも7000万部以上の発行部数を誇る「三国志」のなかでも、最も有名な赤壁の戦いを完全映画化。そのお披露目の舞台が、世界の映画人が集まるカンヌに決まった。ベールを脱ぐのは、15分ほどのダイジェスト映像になるもようだ。

 主演のトニー・レオンをはじめ金城武、ヴィッキー・チャオ、中村獅童、チャン・チェン、そしてアジアNo.1の美女といわれ同作でスクリーン・デビューを飾る台湾のモデル、リン・チーリンらアジアを代表する主要キャストが一堂に介する予定。製作・配給サイドは、世界発信に向け派手なスタートを切るべく、力が入っている。
(一旦、後略)
----------------------------------------

と言うわけで、お披露目と言っても15分程度のダイジェスト版だそうで。
それでも予告編よりはよっぽど長いわけで、(本編がいい映像だと前提して)楽しめるものになるんだろう。

引用記事には制作費100億円とあるが、投資した分はきちんと回収したいのが人情、いやビジネス。カンヌという世界的に権威があり各国マスコミも注目する場に、スタッフ・キャストともに乗り込んで、話題作りをしておくのが筋というものだ。

で、さっき引用しなかった、記事の後半部分を載せる。

----------------------------------------
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080312-00000002-vari-ent

 東宝東和と共同で日本配給を手がけるエイベックス映像事業本部国際部の梅原健氏は「脚本を100点とすれば、映像は想像以上、120点の出来」と断言する。その自信の発端は、06年11月のアメリカン・フィルム・マーケット(AFM)。プロデューサーのテレンス・チャンに見せられた数枚のプロダクション・デザイン(イメージ画)だった。

 「鳥肌が立ち、ぜひ(配給を)やらせてくれという話をした。これは映画的にすごい、と思いましたね」と振り返る。その後、中国を行き来しながら契約をまとめた。脚本は13稿を重ね、その時点で上映時間の目安は約4時間。昨年3月の時点で、前後編の2部作になることが決まった。

(中略)

 梅原氏によれば、黒澤明監督を敬愛するウー監督だけに、映像の中で『七人の侍』を彷彿とさせるスペクタクル・シーンや、『赤ひげ』のような人間ドラマも織り交ぜているという。「ドラマ作りが緻密だし、アクションも格好良く男っぽい。間違いなくアジアNo.1のタイトル」。まさに、アジアから世界に打って出るのにふさわしい作品だ。

 日本では前編が今年10月、東京・有楽町の日劇1を中心に少なくとも全国500〜600スクリーンで公開。後編は09年のゴールデンウィークを予定している。
----------------------------------------

この「赤壁 Red Cliff」は歴史に題材を取った映画だが、考えてみればジョン・ウー監督は、アクションで一名を馳せた人。「男たちの挽歌」や「フェイス/オフ」、「M:I-2」は話題になっただけに見た人も多いだろう。

少なくとも戦闘場面の映像には期待していいだろう。個人的には、大好きな中国古代史が描かれるので、7月10日の中国での公開が楽しみ。日本にいる皆様より、一足先に見に行きますよ〜



上記は、カンヌの話題とは関係なく、CCTV映画チャンネルのサイトより見つけてみた画像。リンクを貼って表示されるといいな、と思いながら貼っています。金城孔明です。

posted by ビワおじさん at 12:27| 大連 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。