2008年03月12日

話題作りに勤しむ 映画「赤壁 Red Cliff」

ジョン・ウー監督の三国志映画「赤壁 Red Cliff」が、カンヌ映画祭にてお披露目されるそうだ。

以下、Yahoo!ニュースの記事より
----------------------------------------
100億円超大作『レッドクリフ』カンヌでお披露目
トニーが金城が、クロサワに捧ぐ一大スペクタクル

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080312-00000002-vari-ent

 ジョン・ウー監督のアクション大作『レッドクリフ』の映像が、5月14日に開幕するカンヌ映画祭でお披露目されることが、11日までに分かった。製作費100億円を投じ、前後編の2部作でつづられる一大叙事詩が、世界最大の映画の祭典でベールを脱ぐ。

(中略)

 日本でも7000万部以上の発行部数を誇る「三国志」のなかでも、最も有名な赤壁の戦いを完全映画化。そのお披露目の舞台が、世界の映画人が集まるカンヌに決まった。ベールを脱ぐのは、15分ほどのダイジェスト映像になるもようだ。

 主演のトニー・レオンをはじめ金城武、ヴィッキー・チャオ、中村獅童、チャン・チェン、そしてアジアNo.1の美女といわれ同作でスクリーン・デビューを飾る台湾のモデル、リン・チーリンらアジアを代表する主要キャストが一堂に介する予定。製作・配給サイドは、世界発信に向け派手なスタートを切るべく、力が入っている。
(一旦、後略)
----------------------------------------

と言うわけで、お披露目と言っても15分程度のダイジェスト版だそうで。
それでも予告編よりはよっぽど長いわけで、(本編がいい映像だと前提して)楽しめるものになるんだろう。

引用記事には制作費100億円とあるが、投資した分はきちんと回収したいのが人情、いやビジネス。カンヌという世界的に権威があり各国マスコミも注目する場に、スタッフ・キャストともに乗り込んで、話題作りをしておくのが筋というものだ。

で、さっき引用しなかった、記事の後半部分を載せる。

----------------------------------------
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080312-00000002-vari-ent

 東宝東和と共同で日本配給を手がけるエイベックス映像事業本部国際部の梅原健氏は「脚本を100点とすれば、映像は想像以上、120点の出来」と断言する。その自信の発端は、06年11月のアメリカン・フィルム・マーケット(AFM)。プロデューサーのテレンス・チャンに見せられた数枚のプロダクション・デザイン(イメージ画)だった。

 「鳥肌が立ち、ぜひ(配給を)やらせてくれという話をした。これは映画的にすごい、と思いましたね」と振り返る。その後、中国を行き来しながら契約をまとめた。脚本は13稿を重ね、その時点で上映時間の目安は約4時間。昨年3月の時点で、前後編の2部作になることが決まった。

(中略)

 梅原氏によれば、黒澤明監督を敬愛するウー監督だけに、映像の中で『七人の侍』を彷彿とさせるスペクタクル・シーンや、『赤ひげ』のような人間ドラマも織り交ぜているという。「ドラマ作りが緻密だし、アクションも格好良く男っぽい。間違いなくアジアNo.1のタイトル」。まさに、アジアから世界に打って出るのにふさわしい作品だ。

 日本では前編が今年10月、東京・有楽町の日劇1を中心に少なくとも全国500〜600スクリーンで公開。後編は09年のゴールデンウィークを予定している。
----------------------------------------

この「赤壁 Red Cliff」は歴史に題材を取った映画だが、考えてみればジョン・ウー監督は、アクションで一名を馳せた人。「男たちの挽歌」や「フェイス/オフ」、「M:I-2」は話題になっただけに見た人も多いだろう。

少なくとも戦闘場面の映像には期待していいだろう。個人的には、大好きな中国古代史が描かれるので、7月10日の中国での公開が楽しみ。日本にいる皆様より、一足先に見に行きますよ〜



上記は、カンヌの話題とは関係なく、CCTV映画チャンネルのサイトより見つけてみた画像。リンクを貼って表示されるといいな、と思いながら貼っています。金城孔明です。

posted by ビワおじさん at 12:27| 大連 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。