2008年03月07日

今年の大作中国映画「赤壁 Red Cliff」

以前にこのブログで「映画『赤壁(Battle of Red Cliff)』のキャスト騒動」という記事を書いたが、これが本年公開される。

簡単に説明すると、「フェイス/オフ」や「M:I-2 ミッション:インポッシブル2」で有名なジョン・ウー(呉宇森)が、三国志を題材に映画を撮影している。これには、日系俳優の金城武が諸葛孔明役で登場するので、日本のファンにもキャッチーな部分があるだろう。

そのクランクアップが間もなくというニュース。
-----------------------------------------------
中国映画史上最大の超大作、まもなくクランクアップ
http://news.searchina.ne.jp/special/07_redcliff.html

トニー・レオン、金城武、張豊穀(『さらば、わが愛(覇王別姫)』)、ヴィッキー・チャオ、張震(『天堂口』)、リン・チーリンなど超豪華キャストの共演が実現したジョン・ウー監督最新作の『赤壁』。

「三国志」史上最大の決戦である「赤壁の戦い」を描いた同作品の総製作費用は5600万米ドル(約62億円)で、中国映画史上最大となった。

撮影直前にチョウ・ユンファが突如降板、製作チームに衝撃が走るも、香港を代表する実力派俳優の梁朝偉が危機を救った。一度は出演を辞退していたが、古くからの友人であるジョン・ウー監督のために“男気”をみせた。

『赤壁』プロデューサーによると作品は前編、後編に分けて放映される予定。観客動員数は5億人を見込んでいる。

[ストーリーと概要]
西暦208年、中国に三人の支配者が君臨した三国時代に長江の赤壁で起きた「赤壁の戦い」を描いた超大作。
曹操の天下統一の野望が頓挫する壮大な陸と大河の一大陸・海洋戦争、漢王朝が終焉する最後の日々を描く。

(中国情報局ニュース)
-----------------------------------------------

以前に書いた記事では、金城武が諸葛孔明には不適格という、こちら中国の厳しいファンの声もあったが、実際に上映されてからの評価はどうなるだろうか。

少なくとも、次に引用するニュース記事では、ジョン・ウー監督から高い評価を得ていると書かれている。

-----------------------------------------------
映画『赤壁』が今月末に完成 トニー・レオンと金城武が登場
http://www.pekinshuho.com/wh/txt/2007-11/20/content_86204.htm

国際的に著名な呉宇森監督による三国志物語の中の戦いを描いた史詩『赤壁』が11月末に、主なストーリーの撮影を終えることになった。

プロデューサーの張家振氏によると、第1集は来年7月の夏休みに公開されることになっている。

ファンたちが映画のシーンを前もって観賞できるようにするために、11月17日、中央テレビ(CCTV)の映画チャンネルは『赤壁』の撮影作業の模様を生中継した。これは中国テレビ史上では初めてのことである。

呉宇森監督は主なキャストについてひとりひとりコメントした。周瑜について、呉宇森監督は、これまでの『三国志物語』が周瑜を過低に評価してくるきらいがないともいえないので、今回はそれと違った周瑜像を提示したいと語っている。トニー・レオンは呉宇森監督の考えに従って、「ユーモラスで感性的な周瑜、やさしくて正義感のある英雄」のイメージを作り上げた。

諸葛孔明を演じる金城武について、呉宇森監督は、「金城武の賢明さは諸葛孔明とそれほど差はない。何も説明をつけ加えなくてもいい。作品の中の諸葛孔明を見ればすべてが分かる」と高く評価した。

演技、年齢から声まで疑問視されていた林志玲さんについて、呉宇森監督は、「ロマンチックな小喬像を作り上げたい。英雄のそばに共に思考し、憂え悲しむ美女が必要だと思う。林志玲さんの演じた小喬は真実感があり、感情も豊富である」と高く評価している。

「チャイナネット」2007年11月19日
-----------------------------------------------
 ↑
この記事には、金城孔明の写真も掲載されているので、見たい人は進んで下さい。


さてさて、その三国志映画「赤壁」が、本年秋には日本でも公開される。
日本語の公式サイトがあるが、予告編はまだ見ることが出来ない。代りではないが、メールマガジンがあって、それには登録できるようだ。

映画「レッドクリフ」公式サイト
http://redcliff.jp/index.html

おや。原題「赤壁」だけど、邦題は「Red Cliff レッドクリフ」と、英語名になるんだね。日本だと三国志ファンも多かろうから、「赤壁」だけでも通用して欲しいのに。

posted by ビワおじさん at 01:30| 大連 | Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/88549456
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

さらば わが愛 覇王別姫
Excerpt: 簡単ダイエットの決定版!『Bella』詳細はこちら【今日の注目ニュースならおまかせ】にようこそ!毎日の情報チェックの手間をできるだけ簡単に!をモットーに、日々情報更新中です。とりあえず話題の話題は要チ..
Weblog: 今日の注目ニュースならおまかせ!
Tracked: 2008-03-10 12:57

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。