2008年02月29日

来る!「インディ・ジョーンズ」最新作!

来る来る来る!

何が来るかって、映画「インディ・ジョーンズ」の第4作「クリスタル・スカルの王国」だよ!
原題は INDIANA JONES AND THE KINGDOM OF THE CRYSTAL SKULL とのことで、英語をそのまんま訳しただけの邦題だけど、そんなことはどうでもいい。

インディアナ・ジョーンズ博士がスクリーンに帰ってくるのです!

嬉しい!

この第4作のニュース、去年にはすでに発表になっていたと思ったけど、アメリカでは前売り人気が凄いみたい。
今日見つけた livedoorニュース では、以下のように書かれている。

-----------------------------------------
チケットが爆発的セールス?『インディ・ジョーンズ』続編が『宇宙戦争』の13倍!

 映画『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』の前売りチケットがかなりのハイペースで売れていると配給元のパラマウント ピクチャーズ ジャパンが発表した。日本では6月21日に公開が待たれる本作だが、劇場での予告編解禁日である3月1日を待たずして、前売り券の販売枚数が1万枚を突破しているらしい。
 
 予告解禁前のこの売り上げ枚数は異例だ。パラマウントのほかの作品と比較しても、同じスティーヴン・スピルバーグ監督作品の映画『宇宙戦争』の13倍。シリーズものとしては映画『M:i:III』の6倍のペースで売れており、往年の映画ファンから若年層の映画ファンまで、年齢性別を問わずにその期待度の高さがうかがえる。(以下略)
-----------------------------------------

おじさんなんてさー、若い頃は貧乏で(今もだけど…)劇場に映画観に行くことなんて滅多になかった。
この「インディ・ジョーンズ」シリーズにしたって、周囲の友人どもが騒いでいるのは知っていて、かなり面白そうだとも感じていた。

第1作「レイダース/失われたアーク」の初見は、高校生の時に知人宅のビデオで。大した知人でもなかったのだけど、「レイダースのビデオがある」ということで下宿まで押しかけて行って見た。そいつの親が金持っているということで、態度がデカイ。「俺のビデオ見せてやっているんだから、荷物運ぶの手伝え!」とか命令されて、ロクに内容を理解できていなかった。
数ヶ月後にTVで放映されたので、今度は自宅で食い入るように見た。面白かった!

第2作が「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」
これはスピルバーグ監督のジェットコースター・ムービーで、1作目の神秘的な謎解きが少なく個人的好き度は下がる。多分だが、これまた初見が自宅でTV放映だったので、劇場のスクリーンで得られるような快感がなかったからだろう。

第3作は「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」
これはしっかり劇場で見た。リヴァー・フェニックスが若かりし日のジョーンズを演じていて、冒頭はこっちばかり。途中、若いインディが殴られて顔を伏せ、顔を起こしたと思ったら、中年ハリソン・インディーに切り替わっていた。あの見せ方には、ワクワクしたのを今でも覚えている。
何と言っても話題は、インディの父親役でショーン・コネリーが出ていること。劇中「ジュニア、ジュニアー」と叫んで息子を呼ばわるユニークさも良かった。また映像もカッコ良かったと記憶している。

当時は、1作目の大ヒットにより「インディー・ジョーンズ」シリーズは3部作にするという構想が立てられたため、3作目の副題が「最後の聖戦」となっていた。

が、時を経ること19年。

インディアナ・ジョーンズ博士が、またお宝求めてスクリーンを騒がせてくれるらしい。ハリソン君は随分と年を取ったが、どういった楽しみ方をさせてくれるのだろうか。

最後に、Yahoo!映画で見つけたあらすじなどを引用しておく。
-----------------------------------------
Yahoo!映画 - インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国

解説: 考古学者インディアナ・ジョーンズが秘宝を求めて世界を駆け巡る冒険活劇の19年ぶりとなるシリーズ第4弾。
前作から18年後の設定の今作では、1950年代を舞台に神秘的なパワーがあるという秘宝“クリスタル・スカル”を求めて冒険の旅に出るインディの活躍を活写する。
主演のハリソン・フォードのほか、相棒役に『トランスフォーマー』のシャイア・ラブーフ、悪役にケイト・ブランシェットなど演技派が名を連ねる。スタントやセットで演出する生のアクション映像に興奮必至。(シネマトゥデイ)

あらすじ: 1957年、大学で学生たちに考古学を教えているジョーンズ博士(ハリソン・フォード)は、超常現象的なパワーが宿っているという秘宝“クリスタル・スカル”を求め、相棒の若者マット・ウィリアムズ(シャイア・ラブーフ)とともに再び冒険の旅へと出る。
しかし、インディたちの前に、秘宝を付け狙うロシア軍が立ちはだかり……。(シネマトゥデイ)
-----------------------------------------

今度はロシア軍かよ!
って、全作の18年後では、ナチスもなくなっているよな。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by ビワおじさん at 23:51| 大連 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/87750530
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。